可愛すぎ!ガールズ&パンツァーのアンチョビのフィギュアまとめ

淡い緑の縦ロールが造形的にも魅力的なアンチョビ。

その気さくすぎる性格から人気も非常に高く、『ガールズ&パンツァー』のなかでも何気にフィギュア化される機会が多いキャラクターです。

お嬢様風でもおかしくなさそうなキャラデザなのに、少し荒っぽいところがあるアンツィオ高校のメンバーをまとめるガキ大将的なキャラクターで、かつお母さん的な包容力もある……少し前にオタクが好きだった風に言えばバブみを感じてオギャる……的なヤツですね!

私もガルパンでは1、2を争うほどアンチョビが好きです!

アニメ登場前に公式Webサイトでキャラクターデザインが発表されたときから好きでした(古参マウント)。

その後「え!? 出番3秒くらいで終わったじゃん!!」とうなだれましたが……。いやはや、改めてOVA『アンツィオ戦』は最高でしたね!!!

そんなアンチョビですが、実はオフィシャル媒体でもTVアニメやOVA、劇場版とは異なる描かれ方をした稀有な作品があります。ご存知でしたか?

それはかつて『コミックフラッパー』で連載されていたコミカライズ。TVアニメ版の物語を秋山優花里視点で描いた作品です。

OVA製作以前に描かれた本作独自の要素として、TVアニメ版では速攻で終了した対アンツィオ戦が本格的に描かれる、というものがありました。

本作のアンチョビはみほの戦車道を否定する、シリアスなライバルキャラクターとして登場します。OVA以降のフレンドリーなキャラとは対照的で、驚きますね!

さてさて今回はそんなアンチョビのフィギュアを紹介していきましょう!

ノーマルな制服としては仕上がりトップかアクアマリン

さて最初に紹介するのは、冒頭でも写真を貼り付けていた「アクアマリン製のフィギュア」です。

先述したとおり、アンチョビはガルパンキャラのなかでもかなりフィギュア化されているほうなのですが、意外とパンツァージャケットや水着姿などのものが多く、マントが似合う制服姿のフィギュアが少ないんですよね。

このアクアマリン製のフィギュアは制服姿のなかではもっとも仕上がりのいいものだと思います。もう少し造形がシャープでもいい気がしますが、アンチョビの柔らかいキャラクターにはむしろ合ってるとも言えますね。

元ネタは劇場版上映時にサークルKサンクスとのキャンペーンで描かれたイラストですね。

スマホゲームでも実装されてそう。勢いよくみんなを引っ張っていくようなポーズがチョビらしさにあふれています。

シャープな仕上がりのコトブキヤ水着ver.

さきほどアクアマリンのフィギュアに対して少しシャープでない気がすると言いましたが、そうした意味だと「コトブキヤの水着ver.のフィギュアは仕上がりが非常にシャープ!

前髪のエッジの立ち方などは、ガレージキットさながらの造形となっています。

縦ロールの情報量も素晴らしい!

こういう縦ロールの髪型「型から抜くのが難しい=ちゃんと抜けるような造形にしなければならない」ので大変なんですよね……。そうした制約に立ち向かいながらも豊かな表現になっているのはさすが。

個人的にはもっとも好きなアンチョビフィギュアです。予約開始初日で速攻ポチりましたねえ。

へそ出し衣装がたまらないプルクラ

アンチョビ製品のなかでも「ずば抜けてセクシーなものはプルクラのフィギュア」でしょう。

こちらはPACIFIC RACING TEAMと、ガルパンのコラボをモチーフにしたレースクイーン衣装。

露出度でいえば水着よりも少ないのですが、なんといってもこのあばらやお腹、おへその造形!

造形のエロさでいえば本衣装が間違いなくトップです。お腹の造形、フィギュア見る時はつい注目しちゃうんですよね……。

プライベートな表情がたまらないディ・モールトベネ

パンツァージャケット姿ならこちらの「ディ・モールトベネ製品」はいかがでしょう。

アニメ誌に描かれた版権イラストをモチーフにしたものです。

食事中に話しかけられて「ん?」とこっちを見てきたようなバリバリに「オフ!」な状況を感じさせる表情がたまりません。戦車戦時の服装ながら、ジャケットを腰巻きにしたラフなスタイルもそそります。

それにジャケットを脱いだことによってネクタイがすべてあらわになっているのもいいですねー。アンツィオ高校は制服時にもパンツァージャケット時にもネクタイが楽しめるのが好きですね。

なんで女の子が締めたネクタイって、こんなにそそるんだろうか。

しかしディ・モールトベネってその名の通り『ジョジョの奇妙な冒険』フィギュアばっかり出してるイメージでしたが、最近はすっかり美少女フィギュアブランドになりましたね。

『シンデレラガールズ』とかも出してるし。

バイト衣装のココスフィギュア

さきほどのPACIFICのものもそうですがコラボレーションが多いのもガルパンの特徴。

こちらは

ファミリーレストラン『ココス』とのコラボレーションをきっかけに作られたココス制服フィギュア

アニメキャラクターがこうした店舗とのコラボレーションして制服着るの好きなんですよね。アニメキャラがバイトしてる感があって。変な色っぽさを感じます。

完全に話ズレるんですがこの「ファミリーマート初音ミク」とかめちゃめちゃ好きで。

で、話を戻すんですがこのアンチョビ。

造形がいいとか制服がかわいいとか、ピザがおいしそうとか、褒めるところはいろいろとあるんですがなんといっても…

名札が「ちよみ」なのがイイ。

同シリーズのダージリンではやむを得ず「ダージリン」だったんですよね。でもアンチョビは本名~安斎千代美~が判明しているのでこうして名前が書けるわけですね。すばらしい。欲を言えば「安斎」だともっと好きだった……。

デフォルメフィギュアならキューポッシュ

デフォルメフィギュアも紹介しておきましょうか。

コトブキヤ製の「キューポッシュ」です。

……コトブキヤ、ガルパンフィギュア多すぎ!

キューポッシュはコトブキヤ版の「ねんどろいど」といったような存在で、ねんどろいどに比べ関節が充実しており自由自在にポージング可能なのが特徴。

こんなふうにデフォルメ体系ながら、ヒジやヒザが曲がるのでかな~り画になるポージングが可能なのです。

おまけとして小さなCV-33豆戦車も付属。リードをつけて犬の散歩のように遊べる謎仕様。でもかわいいからいっか。

シュポン!となってしまうことも……

価格も控えめなうえ、同じ学校の仲間、カルパッチョとペパロニもコトブキヤ直営店限定商品ながら発売されているので揃えて遊ぶことができます。オススメです

まとめ

というわけで今回は『ガルパン』のアンチョビについてお話しました。

まとめてみましょう。

  • アンチョビはコミックフラッパー版ではシリアスなキャラクターだった
  • 制服姿ならアクアマリンのフィギュアがかわいい
  • コトブキヤの水着フィギュアはとってもシャープ
  • プルクラのレースクイーン衣装はめちゃめちゃセクシー!
  • パンツァージャケットならディ・モールトベネがかわいい
  • 変わり種ならコトブキヤのココス制服もおすすめ
  • デフォルメフィギュアはキューポッシュがかわいい

ほかにも戦車模型と合わせる1/35スケールのフィギュアなどもあるのですが、あくまでプラモの添え物的な性格が強いので今回は見送りました。

最終章での活躍も期待されるアンチョビ。これからもいろいろフィギュアが増えそうですね!

ではでは!