ファニーナイツの艦これが凄い!プラモデルメーカーアオシマの魅力

近年、『ファニーナイツ』ブランドを立ち上げ美麗なフィギュアを数多く送り出している青島文化教材社ことアオシマ。

『艦これ』を始めとして『FGO』や『エロマンガ先生』など多岐に渡りリリースされています。

が、やはりアオシマといえばプラモデルの印象が強いという方も多いのではないでしょうか。車や船、キャラクタープラモにカウンタックなど……。

特に『アトランジャー』や『合体カウンタック』など昔のキャラクタープラモは珍品揃い

最近のフィギュアで活躍しているアオシマしか知らない人にはなんすかこれ!? と思われるかもしれませんが無理やりイデオンの頭が同封された『合体イデオン』シリーズなどは今見ても変な笑いが出てしまう珍アイテムです。

今回はそんなアオシマについて新旧交えて語っていきたいと思います。

旬のアイテムそろい踏みのファニーナイツブランド

とはいえやはり本ブログの趣旨的に、フィギュアから紹介させていただきましょうか!

ファニーナイツ」はここ数年アオシマが力を入れているブランドで、男女限らず塗装済み完成品フィギュアを取り扱っているブランドです。

例えばこちらの艤装のボリュームがものすごいことになっているグラーフ・ツェッペリンや……

翻ったマントや抜刀ポーズが勇ましい木曽改ニ……。

艦船模型メーカーでもある点が活かされた!? とんでもない密度と精密感の艤装を持つ摩耶改ニ、などツボを抑えたラインナップの『艦隊これくしょん -艦これ-』フィギュア。

またセクシーでいたずらっぽい表情が愛らしい玉藻の前や

生地の質感がすばらしいセミラミスだけでなく……

肉体美がすばらしいギルガメッシュなど、人気の男性サーヴァントも積極的に立体化している『Fate』シリーズ。

また、水着がまぶしい『エロマンガ先生』フィギュアや

メイド服で統一された『ご注文はうさぎですか?』フィギュアなど、旬のアニメ作品などからもいろいろ製品化しています。

こうして見ると塗装済み完成品フィギュアはすっかりアオシマの主力製品になっていますね!

割と始まった時は「え!アオシマが美少女フィギュアを!」と驚いたものですが……(遠い目)。

もともとはプラモデルメーカー

さて何度か触れているとおりもともとアオシマは「プラモデルメーカー」として有名です。

艦船模型はタミヤ、ハセガワとともに「ウォーターラインシリーズ」を展開しています。

そうした経緯から、『艦これ』とコラボし「艦これプラモデルシリーズ」を展開。

当初は既発売の艦船模型を艦これ仕様のパッケージと多数のオマケアイテムを同封した製品群でしたが、非常に売上がよく、だんだんと新規設計アイテムも多く発売されるようになりました。

また、最近のアイテムは『艦これ』から作り始めたファン向けにカラーリングを成型色で分けるガンプラのような試みも行なっています。

レースカーやスーパーカーのプラモデルも多数展開。

また、変わったところでは消防車のプラモデルなんかも発売中。

パーツがこまかくて大変なんですが非常によくできたプラモデルです。

アオシマといえば珍プラモ

そしてそうした硬派なプラモデルと並んで有名なのが珍妙なキャラクタープラモデルシリーズです。有名なのは『伝説巨神イデオン』の「ミニ合体シリーズ」。

これはイデオン本体を4つバラバラにして商品としてむりやり成り立たせたもの。そのためイデオ・デルタの後ろから腕がニョキっと映えてたり、波動ガンから頭が生えてたりと無理矢理過ぎるデザインに!

スーパーカーブームの際に生み出された「合体カウンタック」も驚異的。カウンタックを4つのプラモデルに分割した結果、珍妙な車がどんどん産まれてしまいました……。

戦艦大和をモチーフに、艦首には零戦、中央部には戦車のキャタピラ、艦橋にはロボの上半身というめちゃくちゃなデザインをした「合体巨艦ヤマト」もものすごいインパクトを持つアイテム。

これらの珍アイテムはあまりにも変すぎるためにコアな人気を獲得し、現在ではプレミア価格がついてしまっています。

このあたりの謎キャラクタープラモについてはこちらの双葉社、『アウトサイダー・プラモデル・アート』に詳しく記されています。こちらも合わせてオススメさせていただきますね。

そしてプラモとフィギュアの技術が融合!?

そしてそんなアオシマのプラモデルとフィギュアの技術が融合した!? のが2018年に発売された『マクロス』のバルキリーを擬人化した美少女プラモデル、V.F.G VF-31J ジークフリードです。

いかにもコトブキヤの『フレームアームズ・ガール』に触発されたようなアイテムですがw 存外かわいくできており、バルキリーと絡んだギミックも豊富!

特にバルキリーにまたがったようなガウォーク形態はアイディア賞といえるでしょう。

あわせて背中を大きく反ることができるなど、関節可動も独自の方式を盛り込みながらもなめらか。第1弾アイテムにしてかなり遊べるアイテムに仕上がっていました。今後も展開が楽しみなシリーズですね。

まとめ

というわけで、今回はフィギュアに限らずアオシマについてざっくりとお話してみました。

まとめてみましょう。

  • アオシマの美少女フィギュアブランド「ファニーナイツ」は『艦これ』や『Fate』、旬のアニメなど豊富な取り揃え!造形力もバッチリ
  • が、それより以前は(今もですが)船やスーパーカーなどを得意とするプラモデルメーカーだった
  • そんな能力も活かし『艦これ』公式プラモデルも展開
  • イデオンやカウンタックなどの「合体プラモデル」などの珍品プラモデルも多数製品化。アオシマといえば変なプラモデルという声も高い
  • 『マクロス』の美少女プラモデル、V.F.Gも展開開始

といったところでしょうか!

個人的にはグッスマなどとは一味違って品揃えの『艦これ』フィギュアが大好きですね~。

それでは、今回はこんなところで…!